油圧計の知識どこまで知ってる?適正油圧とは


都市部の場合は、電車やバスといった公共交通機関が充実しているため、それらを利用して会社に出勤する人が多いものです。ですが田舎町に住んでいる人は、電車やバスはほとんどないため、車で通勤したり、買い物に行く際も車で出掛ける必要がある、という人は多かったりします。
ですがそんな風に、日常的に車を利用し続けている人でも、車の構造に関する知識がほとんどなかったりするものです。確かに車が正常に動作している場合は、特にそういった知識は必要なかったりします。ですが車から異音が生じたり、正常に動作しなくなった場合、知識がない場合は、的確に対処するのは難しいです。
そんな中、油圧計という言葉を知っていてもそれをどう見て良いのか分からないという人も少なくありません。まず見方としては、これはエンジンの温度とセットで確認するのが通常であり、エンジン温度が80度程度になるまでは、特に気にする必要はないです。そのためエンジン始動直後は、まだ温まっていないため高い数値を示す事がほとんどだったりします。ですがエンジンが始動してしばらく経過し、エンジン温度が80度程度になった際の、適正な数値としては、3から5kgの数値を示す事です。なのでこの数値が3kg以下を示した際は、注意する必要があります。

コメントは受け付けていません。