特性あるロータリーエンジンの豆知識


一般的なエンジンと言えばレシプロエンジンが挙げられますが、もう一つロータリーエンジンという独自の特性を持ったエンジンがあります。
基本的な原理としては、レシプロエンジンが上下運動するのに対して回転運動でエンジンを動かしている事です。
吸気、圧縮、爆発、排気というエンジン内で行われる工程をローターとエキセントリックシャフトが回転する中ですべて行われます。
仕組みとしては、上記の4工程はローターが1回転する中で行われ、その間にエキセントリックシャフトは3回転する構造になっています。
レシプロエンジンのシリンダに相当するハウジングという外壁には穴が開いており、ここから給排気を行います。
エンジン独自の特性として挙げられるのは、構造自体がシンプルであり、部品の点数も少なく出来るという点、それにより軽量でコンパクトなエンジンが作れるという点がまずあります。
この軽量かつコンパクトな特性を活かす形で様々な車が作られました。
エンジン自体も高出力、高回転であり、吹けあがりが良いのも特徴として挙げられます。
また独自のエンジンフィールを持つため、このエンジンが好きで愛好家となる人も多くいます。
多くの車がレシプロエンジンを採用していますが、その中で独自の進化を遂げて一定のシェアの確保に成功しています。

コメントは受け付けていません。