衝撃吸収構造のメリット


車はこれまでとにかく丈夫なことを目指して開発が進められていました。しかし、車だけ丈夫にしても中の乗員へのダメージが大きすぎるという問題が大きく取り上げられており、現在では多くの車で乗員を守るためにダメージを出来る限りボディで吸収するという衝撃吸収構造が研究されてきています。事故の際、さまざまな方向から乗員にはダメージが加わります。衝撃でボディにぶつかるダメージはエアーバックやシートベルトで抑えることができますが、ボディーからくるダメージは抑えられません。そこで衝撃吸収が必要になっています。程度の低い衝撃についてはバンパーで吸収できますが、事故のような場合にはボディを潰してでもダメージを吸収する構造がとられています。また、これまでは前後の事故による衝撃吸収が主でしたが、横からの衝撃に対しても乗員を守る設計が進んでいます。また、ボディについてはフロアは潰れない構造にして、他の部分を潰して吸収させる構造がとられています。ボディを潰してダメージを吸収しますので修理は厳しいことが多いところは仕方ないと判断されることが多いようです。また、このようなボディは任意保険でも割引対象となっており、車を選ぶ際には選んでおきたいポイントでもあります

コメントは受け付けていません。