車内クリーニング


快適なドライブをするためには、車内を清潔に保つことが望ましいです。
そのためには、ドライバー自身がこまめに車内クリーニングをしなくてはいけませんが、その際様々な注意点があります。
汚れやすい箇所といえば、土足で上がりますから、フロアマットが挙げられます。
時間がないときには、外で汚れを叩き落とすだけでもいいですが、やはり綺麗にしたいのであれば水洗いです。
その際には洗濯洗剤でも油汚れが落ちるので最適です。
汚れを落とした後には、柔軟剤を使えば、仕上がりがふんわりとなりますし、抗菌効果があるものなら、雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。
そして、乾かすために十分に天日干しをします。
これは乾かすためだけでなく、奥に潜んだダニを取り除くためでもあります。
取り外しできない部分は、専用のクリーナーをスプレーをしていきます。
スプレーを吹きかけて、ブラシなどで汚れを落とし、タオルで拭き取るという作業をシートやダッシュボードで繰り返していきます。
場所によって素材が異なりますから、クリーナーの希釈する濃度は変えていく必要があります。
最後に汚れを落としていったら、消臭、防カビスプレーを吹きかけて、快適な状態が長持ちするように仕上げます。

コメントは受け付けていません。