車検切れと仮ナンバー交付の関係性


車検切れになってしまった自動車は、そのまま公道を走行すれば道路運送車両法に違反し、警察の取り締まりの対象となってしまいます。
もしこうした自動車で公道を走行したいという場合については、市町村役場の税務課、または運輸支局の窓口において、仮ナンバー交付を受けるという手段をとることが可能です。
仮ナンバー交付が受けられるのは、あくまでも車検場に持ち込むにあたってなどの臨時の用途に限られたものですので、そのまま買い物や旅行などに出かけるのはルール違反となります。
また、こうした不適切な用途に使用できないように、仮ナンバーの貸出期間についても制限されており、同一の市町村であれば1日間、遠隔地であったとしても5日間というのが原則となっています。
仮ナンバー交付を受けるにあたっては、期間を過ぎた車検証、運転する人の運転免許証、有効な自賠責保険証書、手数料にあたる現金または印紙、申請書、身分証明書などが必要となります。
申請書については、行き先までの経路、移動に必要な期間なども記入しなければなりませんので、そうした意味でも用途外に使用することは難しく、かならず車検を受ける目的などの制限は守らなければなりません。

コメントは受け付けていません。