装着慣れるまではジャッキアップが必要


雪が路面上に降り積もった時に、スリップ防止として一番、安心できるのはタイヤに金属チェーンを装着する方法です。冬季に雪が降り積もることが多い雪国では、昔と変らず安定的な人気を誇っています。

その理由としては金属チェーンは、どこにでも販売されており購入費用も安く、コツを掴めば使用し易いからです。ただ現在はスタッドレスタイヤが普及しており、家庭用の自動車で金属チェーンを使用することは稀となっているかもしれません。

金属チェーンをいざ使用する段階となると、装着に不慣れな場合もあり、時間がかかってしまうことがあります。しかも外での雪が降っている寒い中での作業なので、手がかじかんでしまい思うように作業が図らないことも多いです。

なかでも一番、難しいのは、敷いた金属チェーンの適した位置にタイヤを移動させなければならないことです。これはチェーン自体が雪に埋もれてしまうこともあり、比較的に難易度も高いです。

そのため経験したことがない不慣れな人が確実に装着を行なう方法としては、ジャッキアップすることです。ジャッキアップすることでタイヤが地表との間に空間が出来るので、金属チェーンをタイヤに巻きつけをしやすくなります。

つまりタイヤを敷いたチェーンの上に移動させる作業がなくなるので、簡単に取り付けを行なうことが出来ます。

コメントは受け付けていません。