騒音と振動が大きい、金属チェーン


タイヤチェーンは雪道を走行するときの必須アイテムともいえるものですが、これらは金属製と非金属製のものとがあります。金属チェーンは昔から使われていたものですので、その性能には定評があり、特に雪道のようにタイヤがすべりやすくなった路面状態であっても、しっかりと足元をグリップさせることができ、安全な走行が可能です。また、値段的にも同じタイヤチェーンのなかでは最安値ということもあって、ある程度タイヤチェーンの使用に慣れている人であれば、リーズナブルに購入できる製品として、選ぶだけの価値はあるでしょう。金属チェーンはニッケルの合金などを素材としてつくられているため、ひじょうに固く、重さもあるものですが、走行中にはこうした性質がわざわいして、チェーンがこすれて不快な騒音を発したり、車内に乗っている人にも伝わるような振動を発したりします。また、金属チェーンによってタイヤに一定の負荷がかけられている状態ですので、スピードをほとんどだすことができないといったことも、デメリットのひとつとして挙げることができるでしょう。タイヤチェーンを何度もひんぱんに使用するわけではないため、機能性を重視しないというのであれば、軽くて取り扱いやすい非金属チェーンを購入するという方法もあります。

コメントは受け付けていません。