車の傷を自分で修理


車は大切に乗っていてもいつの間にか傷が付いてしまうものです。ささいに見える傷でもそこからサビが発生することで大きなダメージに繋がることもあるため、早めに修理しておくのが望ましいと言えます。小さな車の傷であれば自分でも直すことが可能なので、ぜひ試してみましょう。

修理を始めるにはまず、できてしまった車の傷の種類を見極めます。いくつもの線が走っているかすり傷であれば、コンパウンドを使って磨くことできれいに修復できます。コンパウンドは研磨剤の一種で、クリームや液体の商品が売られています。それをスポンジ等に塗りつけ、傷の上から優しく磨いていきます。この上からワックスで磨けば完成です。

車同士の接触などで大きくえぐれた傷ができた場合には、補修用のパテを使います。初めに傷のささくれ立っている部分を削り取ります。さらに中性洗剤などを使ってきれいに洗浄します。次にパテを傷の部分に塗りつけます。パテは傷の奥までしっかり入り込むように塗りつけ、必要以上に盛りつけ過ぎないようにします。乾燥するまで待ったなら、紙やすりなどで表面を平滑にし、車体と同じ色の塗料をスプレーして完成です。見た目をきれいにするには、複数の番目の紙やすりを用意して徐々に細かいものへ変えながら磨くようにします。

コメントは受け付けていません。