金属チェーンの欠点


冬季には地域によって、毎年、積雪が観測されるエリアも存在します。そういった雪が積もった時に欠かすことが出来ないのが、タイヤに装着する金属チェーンです。

特に雪道では雪の上を走行することとなりますので、当然、凍結したりしていると滑ったりして事故が起きるケースがあります。そういった雪が降り積もる緊急時に活躍し事故を防ぐことが出来るのが、金属チェーンとなります。

実際には小型より大型車に装着されるケースも多く、大型の場合は横転したり重大事故を引き起こす恐れのあることから、特に奨励されています。ただ金属チェーンには、素材さながらの欠点も当然あり、まず走行音が金属と道路にこすれることで独特の音がしてうるさいことが挙げられます。

また乗り心地も悪く、ガタガタと砂利道を走っているかの様な振動がします。しかもスピードを出し過ぎると切れてしまうことも多く、それによって傷をつける恐れもあります。

他には雪がないところでは道路の路面を傷つけてしまう恐れも指摘されています。なお一年を通して保存する場合、保存場所によっては錆び付いて使い物にならないケースも存在し、重量も重いです。

このように金属チェーンは、大量の雪が降り積もったケースでの装着には利点が多いですが、雪が少ないところや住宅街などでは走行音もうるさく、乗り心地も悪いことで欠点も多い側面もあります。

コメントは受け付けていません。