警告灯がついたら燃費が悪いかも?自分でできる対応策


自動車にはドライバーに伝えるためのさまざまな警告灯があります。ほとんど警告は車両の故障を示していますが、中には燃費が悪いとドライバーに伝える場合もあるようです。車の故障についてはエンジンやコンピュータなどは自分で修理ができませんが、燃費などについては運転の仕方を変えるだけですぐに対応ができます。燃費を改善するには急がつく運転はご法度です。特に急発進は車に負担をかけ、燃費もとても悪くなります。普段1Lで10km走る車でもストップアンドゴーが多いコーナーのサーキットでは1Lで2から3Kmの走行となる場合もあるほどです。燃費改善のためにはゆっくりスタートして、一定速度で走ってゆっくり止まるが必要です。AT車の場合は特に急発進ではギア変更が遅くなり、スリップも増えるので余計に燃費が悪くなります。一定速度で走るためには早めに速度を上げることが必要になりますが、ゆっくりスタートしたらアクセルを踏み加速をします。燃費走行では加速はだめなのですが、一定走行ができる距離が長いならある程度踏んでエンジンを動かして速度を上げたほうが良い場合が多いです。また、ターボ車の場合は特にターボを動かすことで速度の上がりが早く燃費が改善することも多いです

コメントは受け付けていません。