軽い擦り傷を隠す方法


思いがけず車をこすってしまったりした場合に、軽い擦り傷が出来てしまうことがありますが、簡単に隠す方法があります。
もちろんプロが行うのとは違い完全にとはいきませんが、ある程度割り切って行えば、初心者でも出来ます。
コンパウンドと呼ばれるものを使用して、傷を軽く削っていき、スポンジなどで磨くという方法があります。
基本的に磨くものなので、磨きすぎてしまうと大幅に塗装が削られてしまうため、やりすぎないことが重要です。
他にも傷を消すワックスや、車のボディカラーに近い色があるなら、応急処置的な役割としてペイントマーカーも利用出来ます。
大きな傷の場合はやはり専門の業者に頼むのがおすすめですが、修理費用が高額になってしまいがちです。
しかし軽い擦り傷であれば、修復はまだ間に合いますし、プロでなくてもある程度可能です。
車は大事に乗れば長く乗ることが可能なものなので、そういった処置を覚えておくと、いざという時に便利です。
ホームセンターやカー用品店では様々な商品が販売されていますので、高額な費用をかけることなく出来ます。
傷を放置しておくと、徐々に塗装が剥がれてきたりさびてしまったりと車の劣化が進んでしまうので、簡単に出来る方法を試してみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。