アイスバーンに強い金属チェーンの特徴


アイスバーンは、路面が凍っている状態のことをいいますが、普通の道路でしたらスタッドレスタイヤだけでも多少の上り下りがあっても走れます。ところが、急勾配であったり、表面がツルツルの状態だったりしますと、スタッドレスタイヤでも無理なこともあります。スパイクタイヤが許されていた昔でしたら何とか走れたところでも、これが禁止された現在では、最後にはタイヤチェーンに頼るしかありません。
タイヤチェーンには金属製と非金属製のものがありますが、アイスバーンに向いているのは金属製の方です。それも一般的な形をしたものより亀甲型をしている金属チェーンが、摩擦が大きくなりますのでより優れます。また、4WDや後2輪駆動のトラックなどは、きつい上り坂の状態がかなり悪化しているアイスバーンなどを走る時に2組のチェーンを駆動輪に装着するとより安定した走りができます。
アイスバーンは、運転しているとよくわからないこともあります。それは、凍っているところが日陰の部分だけだったり、昼間融けた水が溜まって夜間に凍ったところだったりするからです。突然あらわれるアイスバーンほど危険なものはありませんので、危なそうな場所を走る時には、あらかじめチェーンを装着しておくと事故等を未然に防げます。

コメントは受け付けていません。