非金属製と金属チェーンを比較


タイヤチェーンは、昔からある金属製のタイプと、金属製でも装着が簡単なワンタッチタイプのもの及び樹脂やゴム製の非金属の3種類に大きく分けられます。価格は、昔からある金属製のタイプが一番安価で、1万円以下のものから高くても1万円強でしょう。次はワンタッチ式の金属製チェーンで、1万円程度のものから数万円するものまであります。非金属製になりますと、2万円前後から数万円といったところでしょうか。
タイヤチェーンを装着する時に気をつけるとこは、チェーンがボディなどのどこかと接触しないようにすることです。これは、特に金属チェーンに多いのですが、車種によっては、タイヤとタイヤハウスあるいはタイヤとサスペンションの隙間が狭い場合にはチェーンが接触してしまうこともあります。この点は購入前に注意したいところです。
耐久性は金属製が優ります。錆びないように丁寧に使いますとかなり長く使えます。非金属製は、摩耗などすることから、使い方にもよりますが5年前後が寿命の目安でしょう。一方でチェーンを装着した時の走り心地は、非金属製の方が優ります。コストパフォーマンスが良いのは安価な金属製チェーンですが、今では扱いやすい非金属製チェーンの方がよく使われています。

コメントは受け付けていません。