ESC(横滑り防止装置)の基礎知識


ESCとは横滑り防止装置のことです。Electronic Stability Controlの略称です。自動車が旋回する時に、その姿勢を安定させるために搭載されています。スタビリティ・コントロール・システム、車両挙動制御装置など、他の名で呼ばれることもあります。急なハンドル操作や滑るような面を走行することで、車両は横滑りを起こすことがあります。この動きを感知した時に、車両が進行方向を保てるように自動的に制御を行うシステムです。各車輪に適切なブレーキがかかるようコンピューターが指令を出し、それによって車両は進行方向を修正し維持できます。カーブを曲がるときにドライバーの意志に沿わずに、カーブの外側に飛び出てしまうアンダーステアや、カーブの内側に押されてしまうオーバーステアが事故につながることになりますが、このような動きも制御され、安全な走行を保ってくれます。車の安全技術には、未然に防ごうとするアクティブセーフティと起きた時の被害を最小限に食い止めるパッシブセーフティの2つの考え方がありますが、横滑りの防止はアクティブセーフティの観点から開発されました。タイヤが消耗や劣化してしまっている時には、効果的に働かなくなってしまいます。常に点検しておきましょう。

コメントは受け付けていません。