クランクシャフトと給排気バルブの基礎情報


吸排気バルブの動作タイミングはクランクシャフトによって同期されています。これは、クランクシャフトがピストンの上下運動を回転運動に変換するためのメカニズムである事で可能となっています。つまりピストンが最下部まで降りた位置では吸気バルブが開き、最上部まで上がった位置では排気バルブが開くように設計されています。そして、バルブを動かしているカムのついているシャフトはクランクシャフトの回転数の半分の回転数で動かされます。2サイクルエンジンではバルブが無いのが一般的ですが4サイクルエンジンはバルブが必ず必要となるためにこのようなバルブをコントロールする構造が組み込まれています。そしてバルブの数やバルブを動かす構造の違いによってエンジンの性能も大きく異なってきます。DOHCで吸気系と排気系では別々のカムシャフトが使われていますがSOHCは同じカムシャフトで吸気系と排気系のバルブを動かしています。いずれにしてもこれらは全て元のタイミングをピストンの上下運動に合わせて行うために回転数と連動させる構造が必要になります。エンジンが高回転になればなるほど、このタイミングをどうコントロールするかでエンジンの性能が大きく左右されることになります。

コメントは受け付けていません。