チェーンが破損?乾燥した道路や高速走行


雪道などでは威力を発揮し、安心して走行できるサポートをする金属チェーンですが、それにも欠点はあります。それは高速走行した時に破損してしまうことです。金属で重量もあるため、高速走行を行うと、チェーンにかかる遠心力によって外れたり、破損してしまうことが多々あります。その場合、チェーンの一部が車体を傷つけてしまうのと同時に、他に走行してる人たちにも影響を及ぼしてしまうので大変危険です。

また、乾燥しているところでも使用しないようにしましょう。これはチェーンの摩耗を早めさせてしまうことが原因であり、使用する時は雪道や、道路が凍結をしている場合に限って使っていくのがこうしたことを防ぐ対応策となります。都市部などで、天気はある程度晴れていて、雪も解けかかっているにもかかわらず、日の当らないところではまだ雪が残っているという状況があります。そうした時にチェーンをつけなきゃいけないのは面倒だからと最初からそうしている場合もありますが、できる限りそうした道は避けるか、どうしても避けられない場合はその場面だけつけて、すぐに外すなどのことをしましょう。チェーンが外れて周囲に迷惑をかけるくらいなら、ちょっとした手間をかけた方がとても安全です。

コメントは受け付けていません。