SRSエアバッグで安全な車内を実現


車の安全性能は車内の人間がいかに守られるかが重要です。特に事故時に車にぶつけられてくる衝撃をいかに抑えるかが重要です。そのため、車のボディで衝撃を吸収することの他にエアバッグと呼ばれる風船を使った衝撃緩和技術が発達しています。エアバッグは当初ただの風船であり、自己を感知後、爆発させるだけのものでした。しかし、SRSエアバックの登場でさらなる進化を遂げています。エアバッグは運転席のみに設置されている事が多かったですが、その後、助手席、サイドと設置箇所が増えています。それぞれのエアバッグは衝突を感知してすぐに開くようにできていますが、材質を変えることでこれまでのエアバッグでは救えなかった命も救えるようになってきています。ただし、助手席などで子供を乗せることがある場合は注意が必要です。身長によってはチャイルドシートをつけている場合も多いのですが、エアバッグの膨らむ大きさを考慮した設置が重要です。設置がおかしかったり、チャイルドシートが大きい場合には危険を伴います。メーカーに寄っては助手席にチャイルドシートを取り付けないことを推奨している、禁止していることもありますので取り付けの際は注意が必要です。

シートベルトを進化させる!


最近の自動車の安全対策として、事故をいかに起こさないようにするか、また、起きてしまったときの負荷をいかに減らすかについて、研究が重ねられています。こうした観点から、車内環境についても改善が行われており、メーカー各社で研究が行われています。シートベルトについては、事故の衝突で前方から強い衝撃を受けた場合に、瞬間的にベルトを巻き取ることで身体をしっかり固定する「プリテンショナー」という装備が取り入れられるようになってきました。さらに、身体が固定されて力がかかる状態が続くと、身体に負荷がかかるため、一定以上の力がかかり続けた場合には、ベルトを少し送り出す「フォースリミッター」という機能も搭載されるようになりつつあります。「プリテンショナー」と、「フォースリミッター」が搭載されている場合、衝撃を受けたときに最初にプリテンショナーが機能し、続いてフォースリミッターが働くことで、事故の衝撃を抑えるとともに、ベルトの締め付けによるダメージの軽減を図ることができます。こうした機能がしっかり発揮されるよう、乗車の際にはベルトを着用すること、ベルトが肩の中央にかかるよう、正しい位置に調整することが重要となります。

衝撃吸収構造のメリット


車はこれまでとにかく丈夫なことを目指して開発が進められていました。しかし、車だけ丈夫にしても中の乗員へのダメージが大きすぎるという問題が大きく取り上げられており、現在では多くの車で乗員を守るためにダメージを出来る限りボディで吸収するという衝撃吸収構造が研究されてきています。事故の際、さまざまな方向から乗員にはダメージが加わります。衝撃でボディにぶつかるダメージはエアーバックやシートベルトで抑えることができますが、ボディーからくるダメージは抑えられません。そこで衝撃吸収が必要になっています。程度の低い衝撃についてはバンパーで吸収できますが、事故のような場合にはボディを潰してでもダメージを吸収する構造がとられています。また、これまでは前後の事故による衝撃吸収が主でしたが、横からの衝撃に対しても乗員を守る設計が進んでいます。また、ボディについてはフロアは潰れない構造にして、他の部分を潰して吸収させる構造がとられています。ボディを潰してダメージを吸収しますので修理は厳しいことが多いところは仕方ないと判断されることが多いようです。また、このようなボディは任意保険でも割引対象となっており、車を選ぶ際には選んでおきたいポイントでもあります

パッシブセーフティ技術のココがすごい!


どれだけ事故を起こさないつもりで運転をしていても、車の運転を人間が行っている以上は事故をゼロにするということはできません。
事故を起こさないために必要なことはまずどれだけ事故を起こさないように気をつけるかということですが、その事故をゼロにすることが出来ない以上は事故が起きてしまったときの被害を最小限に抑える必要があります。

その考え方がパッシブセーフティと呼ばれるもので、事故を起こしてしまった時にどれだけ被害を軽減することができるか、各メーカーが常に新しい技術を持って開発しています。
もっとも、一般的なものとしてはシートベルトやエアバッグといったもので、これらは事故を起こしてしまった時に体が投げ飛ばされるのを防いでくれたり、車内に身体を叩きつけられるのを防いでくれる役割があります。

車自体も事故の衝撃を弱める工夫がなされていて、何かに衝突をすると車が潰れる代わりに乗員を保護する作りになっているのです。
そして、最近では自動ブレーキを搭載した車も登場してきて、何かに衝突を思想になった時に運転手が回避行動をとらなかったときには車が自ら判断をしてブレーキを踏んでくれて、衝突を未然に防いでくれたりあるいは衝突の衝撃を弱めてくれるといったシステムを導入した車もあります。

ACCの挑戦


ACC(アクティブセーフティ)とは、自動車などの安全技術のうち、運転者の安全運転を支援して、特に事故など不測の事態を未然に防ぐための技術のことです。 日本語では「能動的安全」や、「予防安全」などと訳されることもあります。
車の安全技術については、このほかに、万一事故を起こしてしまったときにも、乗員への被害を軽減するための技術「パッシブセーフティ(衝突安全)」というものもありますが、どちらも、近年の電子技術の発展と技術開発で、一気に一般利用者への認知度が高まり人気になりました。
予防安全技術の代表的なものに、ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)があります。電子的にブレーキを制御し、急ブレーキや滑りやすい路面でのブレーキングでのロックを防いでくれるシステムです。
また、トラクションコントロールという技術もあります。これは駆動にロスが生じた場合、人間の代わりにアクセルを自動で戻したり、ABSと連動することで、路面へ伝わる力をより大きく伝えることができるというものです。こように自動車の基本性能を向上させて、安全性を確保しています。
近年、電子制御技術の進化によって、この他にもさまざまな安全装備が登場しました。最新のレーダー技術や解析技術などとの組み合わせで、たとえば一定の車間距離の維持や、夜間走行で前方視界を確保し障害物を感知する仕組みなども実現化され、一部では既に採用が始まっています。

衝突被害軽減ブレーキのポイント


交通事故を未然に防ぐことをアクティブセーフティーと呼びますが、その中でも最も大きな役割を果たしているといえるのが、衝突被害軽減ブレーキです。

これはレーダーなどの技術によって、他の車両や障害物などが車に接近しすぎているのを感知して、危険を防ぐために自動でブレーキを掛けるというものです。

これにより、衝突する前に自車が停止すれば事故を防ぐことができます。もし衝突してしまっても、自車のスピードを落としていますから、衝突時のダメージを少なくできます。

もちろんドライバーが手動でブレーキを掛けることができればベストですが、実際にはいきなり前を走る車が急ブレーキを踏んだり、ドライバーが脇見をしていることなどのケースも多いです。

そうした際にも、自動で衝突被害を軽減してくれるという、とても頼もしい存在なのです。

ところでその性能に関しては、車種によってさまざまです。おおむね高級車のものは性能が高く、高速度で走っていても作動するものが多いです。

一方、軽自動車などに搭載されているものでは、時速20キロ以内といった低速度で作動するものが多くなっています。

このように頼もしい装備ではありますが、やはり最後はドライバー自身の運転操作こそが事故を防ぎます。過信はしないようにしましょう。

ESC(横滑り防止装置)の基礎知識


ESCとは横滑り防止装置のことです。Electronic Stability Controlの略称です。自動車が旋回する時に、その姿勢を安定させるために搭載されています。スタビリティ・コントロール・システム、車両挙動制御装置など、他の名で呼ばれることもあります。急なハンドル操作や滑るような面を走行することで、車両は横滑りを起こすことがあります。この動きを感知した時に、車両が進行方向を保てるように自動的に制御を行うシステムです。各車輪に適切なブレーキがかかるようコンピューターが指令を出し、それによって車両は進行方向を修正し維持できます。カーブを曲がるときにドライバーの意志に沿わずに、カーブの外側に飛び出てしまうアンダーステアや、カーブの内側に押されてしまうオーバーステアが事故につながることになりますが、このような動きも制御され、安全な走行を保ってくれます。車の安全技術には、未然に防ごうとするアクティブセーフティと起きた時の被害を最小限に食い止めるパッシブセーフティの2つの考え方がありますが、横滑りの防止はアクティブセーフティの観点から開発されました。タイヤが消耗や劣化してしまっている時には、効果的に働かなくなってしまいます。常に点検しておきましょう。

ABS技術とブレーキ操作


現在販売されている99%のクルマにABS機能が標準装備されています。これはアンチロック・ブレーキング・システムの略のことで、ブレーキをかけたときにタイヤがロックしてしまわないようにするシステムのことを言います。従来のクルマの場合、急ブレーキをかけるとタイヤがロックしてまっすぐに進んでいきました。そのためハンドル操作で衝突を回避することができませんでした。だから雪国などでは、冬の雪道を走るとき、ブレーキを踏むときは絶対に急ブレーキを踏んではいけない、ブレーキを踏むときは、ポンピングブレーキを行って、タイヤがロックしないように少しずつブレーキをかけるのが常識でした。

ところが、このアンチロックブレーキングシステムが導入されてから、状況が大きく変わりました。もちろん、アンチロックブレーキングシステムが装備されていても急ブレーキは禁物なのですが、それでもタイヤが滑ってもロックすることがないので、ハンドルを切って衝突を回避することができるのです。アンチロックブレーキングシステムが作動すると、反動でブレーキが押し戻されるようになり、ゴゴゴーとすごい音がしてびっくりさせられるのですが、そのままぎゅーっと踏み続けるのがコツです。自動でポンピングブレーキを行っているような感じで止まってくれます。雪道を走れば、しょっちゅうアンチロックブレーキングシステムが作動しますので、いかにタイヤが滑っているのかがわかりますよ。

アクティブセーフティーが選ばれる理由とポイント


アクティブセーフティというのは、事故を未然に防ぐことをさします。
事故は人間が車を操作する以上どうしても起きてしまうものですが、それを未然に防ぐというのが一番の理想とされています。
事故が起こった時の対策というのも重要なものですが、事故を起こさなければ起きてしまった時のことを考える必要がないので、まずは何より事故を起こさない仕組みというのが重要なものとなってきます。

事故を未然に防ぐ方法としては、運転手自身が事故を起こさないように常に予測運転をするというものがありますが、事故が発生しそうになるとそれを防ぐ為に車自身がアシストしてくれる機能もあります。
それはどのようなものがあるかというと、横滑り防止機能といったものであったり、衝突被害軽減ブレーキといったぶつかりそうになると自動でブレーキをかけてくれるシステムなどがあげられます。

これらの機能があれば確実に事故を防ぐことができるというわけではありませんが、これらのものがあることによって起こさなくなる事故が増えるだけでも十分に価値があるものとなっているのです。
しかし、どのような状況においても一番重要なことは運転手自身が常に安全運転に気を配ることとなります。

クルマの安全装備の基礎情報まとめ


クルマには様々な安全装備が施されています。ほとんどのクルマに標準で装備されているものをあげると、ABSやエアバッグ、そしてシートベルトがあります。一番大切なのはシートベルトです。多少窮屈でもベルトをしっかりしめる習慣をつけることが大切です。エアバッグは運転席と助手席に標準装備されている場合がほとんどですが、側面からの衝突を軽減させるために再度エアバッグを標準装備するクルマも増えてきています。ABSは急ブレーキをかけてタイヤをロックした際に、ハンドル操作を可能にさせる装置です。特に滑りやすい雨や雪、アイスバーンなどで高い効果を発揮します。

また、最近増えてきているのは、自動停止ブレーキなどです。車体に搭載したレーダーやカメラを使って、いち早く危険を察知し、歩行者や前方の車に衝突するのを回避します。自動停止ブレーキの特徴は、人間の目で判断するよりも早いブレーキングが可能であることです。よそ見運転をして衝突してしまいそうになった際などに大きな力を発揮します。さらに、ESC (横滑り防止装置) なども効果的です。ただ、コストの問題もあって、これらの安全装置の普及率は、今のところそれほど高くはありません。