チェーンが破損?乾燥した道路や高速走行


雪道などでは威力を発揮し、安心して走行できるサポートをする金属チェーンですが、それにも欠点はあります。それは高速走行した時に破損してしまうことです。金属で重量もあるため、高速走行を行うと、チェーンにかかる遠心力によって外れたり、破損してしまうことが多々あります。その場合、チェーンの一部が車体を傷つけてしまうのと同時に、他に走行してる人たちにも影響を及ぼしてしまうので大変危険です。

また、乾燥しているところでも使用しないようにしましょう。これはチェーンの摩耗を早めさせてしまうことが原因であり、使用する時は雪道や、道路が凍結をしている場合に限って使っていくのがこうしたことを防ぐ対応策となります。都市部などで、天気はある程度晴れていて、雪も解けかかっているにもかかわらず、日の当らないところではまだ雪が残っているという状況があります。そうした時にチェーンをつけなきゃいけないのは面倒だからと最初からそうしている場合もありますが、できる限りそうした道は避けるか、どうしても避けられない場合はその場面だけつけて、すぐに外すなどのことをしましょう。チェーンが外れて周囲に迷惑をかけるくらいなら、ちょっとした手間をかけた方がとても安全です。

騒音と振動が大きい、金属チェーン


タイヤチェーンは雪道を走行するときの必須アイテムともいえるものですが、これらは金属製と非金属製のものとがあります。金属チェーンは昔から使われていたものですので、その性能には定評があり、特に雪道のようにタイヤがすべりやすくなった路面状態であっても、しっかりと足元をグリップさせることができ、安全な走行が可能です。また、値段的にも同じタイヤチェーンのなかでは最安値ということもあって、ある程度タイヤチェーンの使用に慣れている人であれば、リーズナブルに購入できる製品として、選ぶだけの価値はあるでしょう。金属チェーンはニッケルの合金などを素材としてつくられているため、ひじょうに固く、重さもあるものですが、走行中にはこうした性質がわざわいして、チェーンがこすれて不快な騒音を発したり、車内に乗っている人にも伝わるような振動を発したりします。また、金属チェーンによってタイヤに一定の負荷がかけられている状態ですので、スピードをほとんどだすことができないといったことも、デメリットのひとつとして挙げることができるでしょう。タイヤチェーンを何度もひんぱんに使用するわけではないため、機能性を重視しないというのであれば、軽くて取り扱いやすい非金属チェーンを購入するという方法もあります。

装着慣れるまではジャッキアップが必要


雪が路面上に降り積もった時に、スリップ防止として一番、安心できるのはタイヤに金属チェーンを装着する方法です。冬季に雪が降り積もることが多い雪国では、昔と変らず安定的な人気を誇っています。

その理由としては金属チェーンは、どこにでも販売されており購入費用も安く、コツを掴めば使用し易いからです。ただ現在はスタッドレスタイヤが普及しており、家庭用の自動車で金属チェーンを使用することは稀となっているかもしれません。

金属チェーンをいざ使用する段階となると、装着に不慣れな場合もあり、時間がかかってしまうことがあります。しかも外での雪が降っている寒い中での作業なので、手がかじかんでしまい思うように作業が図らないことも多いです。

なかでも一番、難しいのは、敷いた金属チェーンの適した位置にタイヤを移動させなければならないことです。これはチェーン自体が雪に埋もれてしまうこともあり、比較的に難易度も高いです。

そのため経験したことがない不慣れな人が確実に装着を行なう方法としては、ジャッキアップすることです。ジャッキアップすることでタイヤが地表との間に空間が出来るので、金属チェーンをタイヤに巻きつけをしやすくなります。

つまりタイヤを敷いたチェーンの上に移動させる作業がなくなるので、簡単に取り付けを行なうことが出来ます。

金属チェーンの欠点


冬季には地域によって、毎年、積雪が観測されるエリアも存在します。そういった雪が積もった時に欠かすことが出来ないのが、タイヤに装着する金属チェーンです。

特に雪道では雪の上を走行することとなりますので、当然、凍結したりしていると滑ったりして事故が起きるケースがあります。そういった雪が降り積もる緊急時に活躍し事故を防ぐことが出来るのが、金属チェーンとなります。

実際には小型より大型車に装着されるケースも多く、大型の場合は横転したり重大事故を引き起こす恐れのあることから、特に奨励されています。ただ金属チェーンには、素材さながらの欠点も当然あり、まず走行音が金属と道路にこすれることで独特の音がしてうるさいことが挙げられます。

また乗り心地も悪く、ガタガタと砂利道を走っているかの様な振動がします。しかもスピードを出し過ぎると切れてしまうことも多く、それによって傷をつける恐れもあります。

他には雪がないところでは道路の路面を傷つけてしまう恐れも指摘されています。なお一年を通して保存する場合、保存場所によっては錆び付いて使い物にならないケースも存在し、重量も重いです。

このように金属チェーンは、大量の雪が降り積もったケースでの装着には利点が多いですが、雪が少ないところや住宅街などでは走行音もうるさく、乗り心地も悪いことで欠点も多い側面もあります。

走行安定性が高さが魅力の高額金属チェーン


金属チェーンは、安価な製品が多く、それが魅力のひとつであることも確かです。しかし、装着が面倒であったり、サビなどに対するメンテナンスも大変なところがありますので、今一つ人気がありません。
ところで、金属チェーンにも高額な製品があるのをご存知でしょうか。このような金属チェーンは、装着も簡単にできるように工夫されていたり、メンテナンスもやりやすくなっています。チェーンの材質もニッケル合金などを使っていますので、一般の金属チェーンより耐久性があり、独特な亀甲形をしているため路面をグリップする力も強く走行安定性も高いという特徴があります。
また、スポーツタイプの車では、チェーンがタイヤハウスなどに接触してしまうことがありますが、高額金属チェーンの中には、このような接触を回避するために特別につくられているものもあります。
金属製のタイヤチェーンは、装着時の騒音や乗り心地が良くないなど、あまりイメージがよくありませんが、高額金属チェーンでは、この点もかなり改善されています。耐久性やグリップの良さ、走行安定性では、金属製に優るチェーンはありませんので、改良されて使いやすくなっている金属チェーンをいま一度見なおしても良いのではないでしょうか。

コンパクトに収納できる金属チェーン


雪道で装着するチェーンの置き場所の問題は頭を悩ませます。雪が降っていれば使う機会がすぐわかるので多少スペースがあっても置いておけますが、降るかどうかわからない時だとそのスペースが無駄になってしまいます。タイヤに何個も装着する分、それだけスペースをとりますから、できればコンパクトに収納できるものを使いたいものです。チェーンの買い換えでどういったタイプのものにするか悩んでいる方はもちろんのこと、初めてチェーンを購入する方にとってみればチェーンの置き場所というのも選ぶうえでの重要なファクターになります。

金属チェーンの場合、多くの人が思うコンパクトに収納したいという希望をかなえてくれます。非金属チェーン、例えばゴム製だと初心者の人でも着けやすい半面、材質上、小さく折りたたむことができないため、何かとスペースをとってしまいます。その点、金属チェーンはいうならば鎖のようなものなので、コンパクトに折りたたむことが可能です。チェーンを使うかどうかわからない人にすれば、コンパクトに収納できることの方が大事ですから、こうした金属チェーンでも十分といえます。その分、装着するには時間がかかりますが、1度練習するなどして、そうした場面に備えておけば問題ありません。

非金属製と金属チェーンを比較


タイヤチェーンは、昔からある金属製のタイプと、金属製でも装着が簡単なワンタッチタイプのもの及び樹脂やゴム製の非金属の3種類に大きく分けられます。価格は、昔からある金属製のタイプが一番安価で、1万円以下のものから高くても1万円強でしょう。次はワンタッチ式の金属製チェーンで、1万円程度のものから数万円するものまであります。非金属製になりますと、2万円前後から数万円といったところでしょうか。
タイヤチェーンを装着する時に気をつけるとこは、チェーンがボディなどのどこかと接触しないようにすることです。これは、特に金属チェーンに多いのですが、車種によっては、タイヤとタイヤハウスあるいはタイヤとサスペンションの隙間が狭い場合にはチェーンが接触してしまうこともあります。この点は購入前に注意したいところです。
耐久性は金属製が優ります。錆びないように丁寧に使いますとかなり長く使えます。非金属製は、摩耗などすることから、使い方にもよりますが5年前後が寿命の目安でしょう。一方でチェーンを装着した時の走り心地は、非金属製の方が優ります。コストパフォーマンスが良いのは安価な金属製チェーンですが、今では扱いやすい非金属製チェーンの方がよく使われています。

アイスバーンに強い金属チェーンの特徴


アイスバーンは、路面が凍っている状態のことをいいますが、普通の道路でしたらスタッドレスタイヤだけでも多少の上り下りがあっても走れます。ところが、急勾配であったり、表面がツルツルの状態だったりしますと、スタッドレスタイヤでも無理なこともあります。スパイクタイヤが許されていた昔でしたら何とか走れたところでも、これが禁止された現在では、最後にはタイヤチェーンに頼るしかありません。
タイヤチェーンには金属製と非金属製のものがありますが、アイスバーンに向いているのは金属製の方です。それも一般的な形をしたものより亀甲型をしている金属チェーンが、摩擦が大きくなりますのでより優れます。また、4WDや後2輪駆動のトラックなどは、きつい上り坂の状態がかなり悪化しているアイスバーンなどを走る時に2組のチェーンを駆動輪に装着するとより安定した走りができます。
アイスバーンは、運転しているとよくわからないこともあります。それは、凍っているところが日陰の部分だけだったり、昼間融けた水が溜まって夜間に凍ったところだったりするからです。突然あらわれるアイスバーンほど危険なものはありませんので、危なそうな場所を走る時には、あらかじめチェーンを装着しておくと事故等を未然に防げます。

金属チェーンの選び方


タイヤの滑り止め効果を上げるには、車種の形状にフィットしたチェーンを装着していくことが大事です。雪国で暮らしている方であれば馴染みの深い内容ですが、その他の地域に住んでいるというならば、積雪の度合いに応じてしっかりと準備をしていくことが大事です。さらに滑り止め効果の高い金属チェーンを用いるには、摩擦を最小限にさせる工夫が施されているタイプを選んでいく部分が賢明となります。最近のチェーンは装着したままでも快適な乗り心地を保証してくれる場合が多くなっていて、スムーズな走行も期待が持てるようになっています。安価な商品であったとしても、バランスに優れた機能を誇るものは存在していることから、金属チェーンにおいては最終的に使いやすいデザインを選んでいく部分が賢明なのです。
その一方で普及しつつある軽金属でできたチェーンも一度は自分自身の目で確かめてみるようにすることが大事です。装着の頻度を減らす目的で考案された対応が多く、手軽に扱える要素が使用者には受けています。用途に合わせて賢く選んでいくようにすることで、冬場の運転であっても安心して走行が楽しめるようになるのです。滑り止め効果を知ることは、交通安全にも関与していきます。

雪国ドライバーの必需品!金属チェーンの特徴


雪国で運転する人にとって、滑りを防止する金属チェーンはなくてはならない存在です。チェーンをつけずに走ってしまうとスリップしやすくなり、大事故の原因になりますから、面倒だと思っても必ず装着するようにしましょう。滑りを防止する金属チェーンにはいくつか種類があり、それぞれ性能や金額などに違いがあります。安価でお得だからという理由で使って、後で後悔することがないように、チェーンの特徴について知っておく必要があります。最もポピュラーなはしご型と呼ばれる金属チェーンは、前後の滑りに強い一方で、左右に弱いという欠点を持っています。これに対して亀甲型のチェーンは、前後左右の滑りに強いといわれています。金属製の亀甲型のチェーンは安価で手に入れやすいですが、音がうるさく乗り心地が悪くなるというデメリットがあります。市場には金属ではないチェーンもいくつか存在していますが、販売価格が高めに設定されていることが多く、金属製のものと比べると性能が低い傾向があります。どの種類のチェーンにも一長一短があり、正解はありません。寒冷地の積雪状況や走行距離などから総合的に判断して、自分の車に最適だと思うチェーンを選択しましょう。